ここはテスト用です。「鎌倉野菜物語」はこちら≫
畑の様子

秋本番に向けて!

11月の秋本番に向けて、鎌倉野菜すくすく育ってます。 梅雨の長雨と8月、9月は猛暑に見舞われ、日本中が気候変動とコロナ禍で立ち往生した今年。秋の日差しになってようやく、遅れてきた野菜たちが、元気ある成長を見せてくれてます ...
百合

明治・大正の海を渡った鎌倉のユリの話(その5)

県立大船フラワーセンター ユリ球根の輸出は、第2次世界大戦で途絶えました。戦後の昭和20年代に輸出はようやく再開します。以前ほどの勢いはないものの、神奈川県のユリ球根栽培も津久井郡や高座郡(茅ヶ崎周辺)を中心に動き出します。 ...
百合

明治・大正の海を渡った鎌倉のユリの話(その4)

玉縄村のユリ栽培 明治45年の書籍「神奈川県に於けるゆり根栽培」には、県内の主なゆり根(ユリ球根)産地として、「鎌倉郡玉縄村」の名前がまず挙げられています。 市内に伝わる数々の農業日記からも...
百合

明治・大正の海を渡った鎌倉のユリの話(その3)

ユリ貿易の拡大 明治・大正期の横浜港では、ユリ球根はシルク、お茶に続く輸出品となり、最盛期には4000万箱ものユリ球根が海を渡りました。日本から送った球根は栽培するとちょうどイースターの頃に咲きます。 明治初めころに愛好された...
タイトルとURLをコピーしました